髪の毛の静電気。今すぐできる対処法と原因とは?

髪の毛の静電気が気になる。

季節によっていきなりふわっと静電気がたつ時ってありますよね。

ずっとそんな感じだから諦めているのでは?

実は静電気が立つにはちゃんと理由があるんですよ。

それは髪が感想しているからです。

じゃぁどうすれば髪が感想しなくなるのか?

今回はそんな感想してしまう髪の毛をよくする方法を教えます。

 

静電気がたつ原因

静電気は物質が感想そている時、水分が十分にない時にたちます。

逆に保湿されていたり、濡れていると静電気はたちません。

髪の毛も日頃の生活で水分がなくなった状態になると急に静電気がたち髪の毛が数十本宙に浮く現象がおきます。

しかし毎日の生活で髪が感想するようなことはしていないのにと思っていると思いますが実は他に原因があるかもしれません。

それは毎日使っているシャンプーやトリートメント、ドライヤーやコテ、ストレートアイロンなどのどれかが原因でしょう。

自分で気に入っているからと変えずに使っていると帰って髪によくないこともあるので1つ1つ解説していきますね。

 

シャンプー&トリートメントは何系ですか?

まさかノンシリコン系のものを使ってませんか?

販売している棚にノンシリコンシャンプーや天然100%などの表記がされているものを使っている方は静電気がおきやすい髪の毛になってしまいます。

よくノンシリコン系シャンプーは頭皮にいいなどと言われていますが、今の時代シリコンを使ってもほぼ健康に影響することはないと思います。

現にそれが原因で不健康になっている人を見たことがありません。

ノンシリコン系シャンプー&トリートメントがなぜ静電気を引き起こすのかというと髪の毛が裸の状態に近くなることで水分を保持できていない状態です。

よって濡れて水分が入ったとしても時間がたって蒸発いてしまうんです。

毎日使うシャンプーだからこそ変えてください。

 

静電気とドライヤーの関係性

ドライヤーは乾かすだけのものと思っている方は間違いです。

ただ乾かすのであれば自然乾燥でもいいはず、ではなぜドライヤーを使うのか?

早く乾かすだけでは意味がありません。

今使っているドライヤーは無駄に風が強くないですか?無駄に熱すぎませんか?

この風と熱のバランスが大切で風が強いだけだとただ水分をなくすだけで、熱が強いと髪に負担がかかります。

一番いい使い方は八分乾きまで強風で乾かして、残りの2割は弱風と冷風で仕上げること。

そうすることで髪の内部にちゃんと水分が残るので時間がたっても静電気がたちずらくなります。

 

コテ、アイロンの温度には気をつけて

コテ、ストレートアイロンは毎日使う方が多いですね。

しかしその多くの方達は温度を高めに設定しているのでは?

これは静電気ととても関係があり、高めの温度設定だと確かにきれいにスタイリングができるのですがそれと同時に髪の毛の水分もほとんどが蒸発してしまいます。

蒸発と同時に乾燥して静電気がとても立ちやすい状態になるんですね。

簡単に短時間で済むのは確かに高温ですが、その温度を20度下げるだけで水分が余計になくなるのを抑えることができるのも確かです。

そして長い目でみたときに静電気が立ちにくい傷みの少ない髪になるのは想像がつきますね。

 

最後に

静電気は髪の毛に少しの気遣いをしてあげるだけで解決できるものです。

と同時に髪が生き返ってくるのがわかると思います。

僕はよく髪の毛は乾燥が一番よくないと言い続けていますが静電気を抑えるように毎日過ごすことは結果的に髪の毛に良いことに繋がるのでぜひ今日からでも初めてみてください。

きっと3ヶ月後の髪の毛は今と全然違うことでしょう。

 

それでは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

美容室を経営しているアラフォー男。 専門学校卒業後都内のサロン4店舗を経て渋谷に夫婦でヘアサロンを出店。その後8年が経過しこれから生き方も考えてサロンワークの傍、WEBマーケティングを猛勉強中です。 プライベートは多趣味の二児のパパ。