2023/4/21

これでわかる!意外と知られていない40代女性の正しいドライヤーの使い方

40代のあなたはドライヤーのかけ方を意識して使ったことがありますか? ただ乾かせばいいと思っていたら大間違い。 理由は気づいていると思いますが年齢を重ねた髪の毛は乾燥と共にくせも出やすい髪質になります。 そんな髪をただ単に乾かせばいいいと思っているのであればまずはこれを見て毎日の工程を確かめてみてください。 きっと気づきがあるはずです。   【1. ドライヤー選びのポイント】 まずは、ドライヤー選びのポイントからご紹介します。 40代女性の髪は、ダメージが蓄積されていることが多く、刺激の強いドラ ...

ReadMore

2022/5/30

髪にハリコシがなくなってきた。ボリュームをもっと出したい時のポイント

年齢とともに髪にコシがなくなってきたというお悩みを持っている方は多いです。 理由は年々髪は細くなっていくと同時に乾燥しやすい状態になっていしまうからです。 おうちで簡単にボリュームをコントロールしたりすることができたらもっと毎日の悩みが減るのにと思っているのではないでしょうか? そんなお悩みを解決する方法を今回はお教えしたいと思います。 プロの目線を取り入れて分かりやすくお伝えしていきますね。     分け目が決まって潰れやすい まずは一番気になる分け目について。 いつの間にかぺたんこ ...

ReadMore

2023/4/22

白髪が気になる生え際の処理。カラーをしない簡単な対処法

白髪が気になり始めたらみなさんどうしてますか? 白髪染めにしようか悩んでいる人やもうすでに毎月染めている方。 しかしどうしても美容室に行けない時ってありますよね。 そんな時にすぐに隠せてきにならなくなるアイテムってないのかな。 ありますよ。 意外と知られていないプロがお勧めするアイテムを今回はご紹介します。   気になる白髪は生え際にあり 写真でもわかるように白髪って分け目や生え際に固まって生えてませんか? お客様でもほとんどが同じ場所を気にされます。 だって鏡を見たら一発で見えてしまいますから ...

ReadMore

2022/2/24

【話題】シャンプーしてもベタつきが取れない。頭皮の環境を整えると髪も綺麗になる。

脂性の方は頭皮のベタつきが気になるし時間が経つと髪がしっとりしすぎて周りの目も気になる。 サロンワークをしていてもそういったお悩みはよく耳にします。 ところでこんな状態のお方はどうやって対処していますか? シャンプーを変えたりシャンプーの回数を増やしたりと一体どうすることが一番いいことなのかわかりませんよね。 そこでプロ目線から見た改善方法をお教えしたいと思います。   頭皮のベタつきはそもそも… 頭皮が何かしら異常をきたしている場合がありますね。 医学的になってしまうと専門外になってしまうため ...

ReadMore

2022/2/22

自分に合うシャンプーとトリートメントがわからない。教えて!!

毎日使うものだからちゃんと自分に合っているものを使いたい。 サロンワークをしていて一番多く相談されることです。 でも実際は自分に合わなくても市販のもので済ませていたりしませんか? そんな女性の髪で一番身近にあるお悩みについてお伝えしていきますね。   良いシャンプーの定義は? どんなに値段の高いものを買っても自分の髪に合わなければそれは良いシャンプーとは言えません。 良いシャンプーの定義は自分の髪に合っているか、今の髪の毛の状態に必要な成分が入っているか? この2つが満たされていればあなたにとい ...

ReadMore

 

アイテム テクニック/知識 髪の毛のお話

当たり前にやっていた。間違ったヘアアイロンの使い方は髪の毛を壊してしまう。

ちょっとクセが気になるから毎日当たりのように使っているヘアアイロン。

しかしん毎日使うものだからこそ使い方を間違ってしまうと取り返しのつかないことになりますよ。

今回はそんな気づかぬうちにやってしまっているヘアアイロンの正しい使い方をお伝えしていきたいと思います。

長さがある方は特にみて欲しい、なぜなら傷んでしまうと切るしかなくなりますから。

そうなる前に明日から正しい使い方でスタイリングしてくださいね。

 

ヘアアイロンの最適な温度は?

サロンワークで設定する温度とお家でスタイリングするときの温度は間違っても同じにしない方が良いです。

僕は普段のサロンワークで使用する際は160度〜180度が基本です

しかし皆さんがお家で使う際は160度が良いでしょう

理由はアイロンをスルー(髪を挟んで通す)するスピードが違うからです。

例えばロウソクの日をゆっくり触るととても熱いですが素早く触ると熱さは感じませんよね。

アイロンも同じで髪の毛を挟んでスルーするスピードが早いのでそこまで温度は髪に伝わらず負担がとても少ないのです。

でもお家で皆さんがする場合はプロと違ってゆっくりでしかも力強い手つきでやってしまうため熱さが髪に伝わりすぎてしまいダメージに繋がります。

なので160度くらいの温度設定にしておけばしっかりと質感も整いクセもちゃんと伸ばせます

毎日同じ熱を伝え続けるものなので少しでも負担の少ないように意識してあげてください。

 

チカラ加減には特に気をつけて

皆さん自分の髪の毛だからと言って力まかせにアイロンを使ってませんか?

それもいますぐにやめましょう。

髪の毛の主成分は主にタンパク質

タンパク質は熱により変性されてしまうため熱処理をする際はトクに注意を払うのが基本です。

先ほどの温度設定もそうなのですが力(プレス)による負担も実はとても大きく、さらに高温がくわわってしまうとどんな物質も変形(タンパク変性)してしまいます。

よって力を加えるではなく適切な熱を加えるためにアイロンのプレートを使い上下で優しく挟んで熱を髪に伝えるだけでほとんどの髪の毛は綺麗に整えることができ流でしょう。

これを知らずに力まかせと高温でやってしまうので髪が傷むのは当然の事ですよね。

力ではなく熱を伝える事

これがアイロンの極意です。

ちなみにこの教えは実際に後輩にも同じように伝えているものなので、これが理解してできればプロと同じ考えでアイロンを使えるようになるでしょう。

優しくアイロンで包むようにしてそっと熱を髪の毛に伝えるんです

するといつもと違って柔らかくさらっとした質感に仕上がるでしょう。



濡れ髪にヘアアイロンは厳禁

ヘアアイロンを使う時、少しでも水分が残っている状態で使ってしまうととんでもないことになります。

それは髪の内部で水分が蒸発し、水蒸気爆発が起こってしまうのです。

これは水分が高熱により髪の内部で大爆発ににた現象が起きてタンパク質を壊してしまうこと

これを何度も繰り返してしまうとカラーやパーマで傷んでしまうのとは違い物理的にダメージを負ってしまうので特に注意してください。

髪は物理的ダメージに特に弱く、引っ張って切れてしまうと同じように元に戻すことはできません。

この水蒸気爆発はお家で時間がない方に特に起きやすい現象なので気をつけてくださいね。

 

適度な使用頻度を保つことが大切

クセがあるとどうしても毎日アイロンに頼ってしまいがちですが、これも実は危険です

高温にさらされた髪の毛はとてもダメージを負っているんです。

毎日毎日繰り返されることで髪の毛は休む暇がなく乾燥していくだけ

なので頻度を控えてあげることで水分を保つ日ができて乾燥からも防ぐことができます。

お酒を控える「休肝日」があるように適度に髪を休ませていたわることで無駄なダメージを減らすことができるのを覚えておいてください。

最後に

広がりやくせ毛の方はどうしてもアイロンに頼ってしまうのはわかります。

けどちょっとだけ気をつけることができれば1カ月後の髪は格段にちがってきます。

その繰り返しをするだけで髪は見違えるものになるので是非今日から始めてみてください。

きっとその効果を実感することができたらこれから髪の毛に対する考えも変わることでしょう。

きれいな髪で毎日を過ごせるといいですね!

 

それでは

-アイテム, テクニック/知識, 髪の毛のお話
-, ,