髪の分け目がハゲてきた!?今すぐ実践、自分でできる薄毛の対処法

鏡で見ると髪の分け目がハゲてきた?

そんな日が最近増えた。

前はそんな気にならなかったのに。って思っている方のために今回は自分で簡単にできる薄毛に見えない対処法を教えます。

薬を使ったりするのではなくお家でも今すぐにでもできる方法なのでご安心ください。

お金もかかるわけではないので大丈夫。

たったこれだけで?

そんな簡単にできることなのでぜひ読んでみてください。

 

年とともに分け目は気になってくる

気にせず毎日スタイリングをしているわからないのですがふとしたときに分け目が薄くなってきた?と思った経験がありませんか。

年と共に髪の毛は薄くなる傾向にあります。

正確にいうと毛が細くなってしまうもの。

毛穴から作られる髪の毛が時間とともに細く生えて来るために分け目が薄く感じる現象。

気づいたときにはとても気になって帽子やアレンジで分け目を隠したりしてませんか?

でもこれは仕方のないことと諦めないでも大丈夫。

理由を知ればなんだそうだったんだと勇気をもらえるはずです。

まずはなぜ薄くなってしまったのかをご説明しますね。

 

髪は根元が重要なのをご存知ですか?

自分の髪を見るときにほとんどの方は毛先や表面しかみてません。

それによって傷んでいるとかツヤがないとかしか気にしてないので知らないうちに分け目がぱっくり割れている方が多いように思います。

わかりやすい例えが、右側の髪の毛が外に流れてしまうことってよくありますよね。

あれの原因は根元の髪の毛が後ろに向かって生えてしまっているためです。

耳によくかける人の多くは決まって外に跳ねる現象に悩まされているんですね。

改善策は右側の顔まわり一帯の髪を前に軽く引っ張りながら乾かしてあげると治ります。

ただし寝れた状態からでないと難しいですけどね。

 

いかに根元の生えグセをコントロールするかが重要

今回の分け目が薄く感じる現象についての改善策は思い切って分け目を逆にすることです。

いつもの分け目がセンターにある方は慣れないかも知れませんが左右どちらかにしてあげるだけでほとんどは解決します。

ただし変えてすぐは元の位置に戻りやすいので注意してください。

一番いいのはお風呂上がりや髪の毛を濡らして乾かす際にいつもと違う位置に分け目をつけたら一気にその分け目に風を当てて癖をつけてしまうこと。

そうすることで新しい分け目になりやすく戻りずらくなります。

最初の2週間はそのように乾かすときに癖をつけてしまうことがベストです。

あとはお家に帰ってすぐにヘアクリップなどで強制的に違う分け目にして無理やり分けておくこと。

そうすることで徐々に根元の髪の毛は新しい分け目に馴染んでくるので気づいたときにはすっかり定着します。

そして新しい分け目は根元の立ち上がりがつくので自然にふわっとした分け目になりハゲて見えなくなりますよ。

 

分け目を変えると表情も変わる

左右に分け目がある方は逆にするだけで自分の顔が変わって見えます。

よくも悪くもですが好きな方の顔ではなくなるのがいやだから分け目を変えない方もいますが今回の件のように分け目のうすさが気になっているための改善策なのでご理解ください。

時間が経って新しい分け目に髪の毛が馴染んだらまた元の分け目に戻せば良いだけなのでずっとというわけではありません。

たまには左右に分け目を変えて自分のみられる顔のタイプを変えてみるのも気分転換に良いのでは?

 

ドライヤーをかける時のコツ

分け目を変えてドライヤーをかける時にまず最初、分け目から乾かしていきます。

上に持ち上げるように乾かしていき徐々に分け目をつけるようにドライヤーの熱を加えていきます。

地肌に当たりすぎると熱いので注意しながら他の部分も乾かしていきましょう。

最後にスタイリング剤を毛先からつけていき最後に表面と分け目に馴染ませていくとべたっとした質感にならないのでオススメです。

 

最後に

分け目を変えるだけで薄く感じていた分け目が気にならなくなる方法、いかがでしたか?

こんなことで本当に変わるのかと不安に感じる方もいると思いますが実際になってしまうのぜひやってみて欲しいです。

いつもと違った新しい自分に出会えるかもしれないきっかけになると良いですね。

参考までに

 

それでは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

美容室を経営しているアラフォー男。 専門学校卒業後都内のサロン4店舗を経て渋谷に夫婦でヘアサロンを出店。その後8年が経過しこれから生き方も考えてサロンワークの傍、WEBマーケティングを猛勉強中です。 プライベートは多趣味の二児のパパ。