カラーとパーマはどちらが先にするべきか?知らないと損をする当たり前のこと

美容室にいきたいなぁ

でもパーマとカラーがしたいとは思ってる。

同じ日にやるのは時間もないし、どっちを先にやればいいのかもわからない。

そんなケースでお困りの方にパーマとカラー、どっちを先にやるべきなのかをわかりやすく教えたいと思います。

以外に知らない方が多いので今回書いていきたいと思います。

 

パーマとは

パーマはカラーと違って薬剤が作用する場所が違います。

わかりやすくいうと髪の毛の骨組みのような場所に作用する成分なので内部に存在するもの。

なので形状を変化させることができるんです。

原理としては1液の成分が「還元剤」というものが入っていて髪の内部にあるタンパク質の結合を還元(切り離す)させ、2液で再結合させるのがパーマがかかる理由。

なんどもパーマをかけると痛んで感じるのはこの骨組みをいじることで形をキープできなくなるためにパサついて見えたり広がってしまう現象がおきます。

パーマは繰り返しかける場合、できるだけ間隔をあけてかけるようにしましょう。

 

ヘアカラーとは

ヘアカラーはパーマと違って髪の毛の肉、皮膚部分に作用するものです。

繰り返しかけることで骨の周りの組織に色を入れていくイメージなのでパーマと違った作用が働きます。

カラーもパーマ同様に繰り返し続けると傷みとして髪に負担はかかりますがパーマとは違って見た目の色や触った感触が違ってきます。

もともと髪の毛が持っているメラニン色素を抜いてその場所に新たな色素を入れ込むのがヘアカラーの原理。

この時に化学反応がおきていて酸化反応によって色素は結合されて色味はできています。

時間が経つとその入れた色素が抜けて退色となる。

乾燥を防ぐことで色素が抜けるスピードを抑えることができます。

 

パーマとヘアカラーはどちらが先か

さぁここからが本題。

どちらを先にやった方がいいのか?

答えは「パーマ」です。

理由は還元作用によって色素が還元されてしまうから。

わかりやすくいうとパーマは色素を壊してしまう反応を起こすからです。

この順番を守れば理想のパーマと好きな髪色を楽しめます。

順番が逆だとパーマはかかりますが髪色は抜けてしまったような仕上がりになるでしょう。

気をつけてくださいね。

 

同じ日にやっても大丈夫?

一昔前までは同日にパーマとカラーをすることは薬機法の関係でできませんでした。

しかし今はパーマ液が化粧品として登録されているものがあるので同日で施術することが可能になりました。

美容師が扱う薬剤は日々進化していて髪に優しいものが増えてきているのでお客様も安心して美容室に行けるようになりました。

いつか傷まないパーマやカラーが登場することを願っています。

早く出ないかなぁ。

 

最後に

美容室に行こうと思った時の参考にぜひ。

髪の特性や原理がわかるとちょっとは髪に対して興味が出てくれると嬉しいです。

大切なのはいかに髪の毛を綺麗に保つか、なのでこういった知識も知っておいて損はありませんよ。

今後の参考に。

 

それでは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

美容室を経営しているアラフォー男。 専門学校卒業後都内のサロン4店舗を経て渋谷に夫婦でヘアサロンを出店。その後8年が経過しこれから生き方も考えてサロンワークの傍、WEBマーケティングを猛勉強中です。 プライベートは多趣味の二児のパパ。