前半仕事、後半育児。40代になったらこれが理想。美容師の働き方改革。

今日は週末の土曜日。

午前中から一時までの二時間をサロンワークを必死にこなしてそのあとに息子を迎えに行って小学生のサッカー大会に来た。

さっきまで美容師の仕事を必死にやって後半は子供との時間を過ごすことができるのはなんとも幸せなこと。

雇用されていたらまずないこの環境は感謝でしかない。

しかしその分普段は休みもなくスタッフの誰よりも働いているという自負があるのでたまには許してくれ!の気持ちもあったりなかったり。

会場に着いてみると雨がポツポツ降ってやがる。

降ったり止んだりって忙しい天気ですな。

天気予報では今日は雨が降らないって言ってたのになんだよよこれっ!

でも子供たちには全く関係無いようで、微塵も気にしていないのがなんとも子供だなと感じました。

試合も始まってみると雨がタイミングよく上がるし父兄のテンションも上がるしで久しぶりのエキサイティングな時間を過ごせました。

自分は高校まで一応サッカーに心を売っていた人間なのでことサッカーのことになるとマジになってしまうのです。ましてや自分の子供のサッカーだとマジもマジ、大マジですわ。

試合はというと3試合やって二勝一敗。

まあまあの結果に終わった。

最後の試合でコテンパンにやられ、挙げ句の果てには試合中に何人かの子供が泣きながら試合をしているのを見たときは必死っていいなぁって。

自分もこのくらい必死にやらなきゃと改めて思わされました。

こうして一日の時間を有効に過ごすことができるといかに今の環境が良いかと思う反面、スタッフにも同じような環境を整えてあげたいとも同時に思う。

今って働き方改革やらで仕事に対する考え方が大きく変わってきている中、美容師ってお金もなければ時間もないといったイメージがまだ強いと思う。

でもこれってこれから生きていく中で本気で変えていかなければいけないことだと最近強く思うようになってきた。

美容師だからそうなんじゃなくて、美容師でも周りの社会人と大きな違いがなく、むしろ美容師の方がお金も時間も稼げるようになって良いのではないか!

あれだけ時間を仕事に費やして報われないのは如何なものかと思う。

ならばこれからの美容師はもっと良い暮らしのできる職業であってほしい。

その為にはいくつもクリアしていかなければいけないことがたくさんあるのでそれを1つ1つクリアしていこうと思います。

その手始めとしてまずはプロモーション&マーケティングが大切だな。

お金をかけるのではなく時間と頭を使うこと。

どんなにお金を使っても伝え方を間違ってしまうとなんの意味もなくなる。

そうではなくてしっかりまずは勉強してちゃんとした理論の元戦略を立ててそこにじっくり時間をかけていくやり方がこれからの自店の方向性。

そんなわけで自分のお店ではこんなことやっているといった内容や失敗談などもこれから書いていきたいと思います。

 

この日の夕方からは子供たちと親の合計30人くらいでお店を貸し切ったお食事会というなの飲み会が開かれて夜の11時まで呑んだくれ。

この子たちには教えられることがあるよねぇー、なんてパパ同士で語ってました。

そんな土曜日でしたとさ

それではおやすみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

美容室を経営しているアラフォー男。 専門学校卒業後都内のサロン4店舗を経て渋谷に夫婦でヘアサロンを出店。その後8年が経過しこれから生き方も考えてサロンワークの傍、WEBマーケティングを猛勉強中です。 プライベートは多趣味の二児のパパ。