ストレートパーマと縮毛矯正は違うもの?意外と知らないお互いのメリット

ストレートパーマと縮毛矯正は違うものです。

よくお客様の聞かれるのですがこの2つは似ているようで違うもの。

ではいったい何が違くてメリットはなんなのかということにフォーカスしてお話させていただきます。

髪の毛のプロがわかりやすくお伝えして行きますね。

それでは早速いってみましょう。

 

くせ毛が気になるといつもどっちにするか悩む

くせ毛で広がったりツヤが欲しいからいつもストレートパーマや縮毛矯正をかけているという方は今どちらをかけていますか?

おそらくほとんどのかたが縮毛矯正をかけていると思います。

実際にサロンワークをしていても縮毛矯正の方がダントツ多いです。

でもこの2つどちらもメリットがあるのをご存知ですか?

いつも矯正をしているから毎回そうしているという方もストレートパーマのメリットを聞いたら次回やってみようかと思うかもしれませんよ。

逆に今までどちらもやったことはないけどどうしてもくせ毛が気になっているから次回かけてみようかなと思っているのであれば参考になると思います。

毎回悩むこの2つの違い、果たしてどうなのか。

 

ストレートパーマとは?

みなさんが知っているカールをつけるパーマと原理は同じです。

髪の内部にある骨組みの組織を一度壊してまた新たに再構築することで髪が自在に形を変える技術。

ストレートパーマでいうとまっすぐにするために薬剤を使って髪の内部の骨組みを壊してまっすぐな状態にしてからまた再構築することで髪の毛がまっすぐになる。

しかしこのストレートパーマは薬剤の反応のみになるので時間がたつと元に戻りやすい傾向がある。

 

縮毛矯正とは?

くせ毛の方は一度経験している方が多いのではないでしょうか。

でも縮毛矯正っていったい何?と思っている方も多いはず。

まずはストレートパーマをわかったのであれば説明は簡単です。

ストレートパーマにプラスで熱の力を加えることでより強固なストレートパーマにすることができるようなイメージ。

薬剤で髪の内部にある組織を変形させる際に熱を使ってさらに内部のタンパク質を変形させることで狙った形状がよりしっかりと形作ることができる技術です。

途中の工程でアイロンを使うのはそのためで高温を加えると髪の内部にあるタンパク質は熱変性を起こし2液によって固めるのです。

ツヤが出るのもそのためですね。

 

ストレートパーマと縮毛矯正はどっちがいいのか?

2つともいいところと悪いところがありますが、今回はメリットだけをお伝えします。

値段もサロンによって大きく違うのはかかる時間が違うので手間と技術料といったところですかね。

どちらにしても素人さんではできないメニューなので値段が高いのは仕方のないことです。

そして信頼できる美容師さんにやってもらうことが一番。

失敗されたと泣きながらご来店されるお客様もいるのでしっかりと見極めが必要ですね。

・・関連記事・・

今後の髪型考えるその前に。今までの髪履歴の必要性。

ストレートパーマのメリット

ストレートパーマはすぐに戻ってしまうから好きではない。とよく耳にしますがストレートパーマも使い方によっては非常にいいメニューですよ。

例えばまっすぐすぎるのが好きではない、縮毛矯正をかけたあとがいつも嫌い、ちょっと癖がとれるだけでいい。

などのちょっとしたニュアンスで髪の毛を伸ばしてあげるときにはもってこいのストレートパーマ。

なだけにすぐにとれると思う方もいますが最近の薬剤は本当によくなっているので約半年はもつ、薬剤もあるのでおすすめです。

もう1つはストレートパーマをかけてからでもパーマがかけれることです。

縮毛矯正だとそうはいかないのですがストレートパーマはその後の融通がききやすいのが大きなメリットです。

普段からスタイリングをする際にいつもよりちょっとだけでも癖が収まった髪の毛は本当にスタイリングがラクですし楽しいものです。

そういった悩みを解消するのにストレートパーマはいいですね。

 

縮毛矯正のメリットは?

何と言っても縮毛矯正の最大のメリットは一度かけた部分は半永久的に効果が持続するところ。

ストレートパーマとは違って2つの反応をさせることでよりまっすぐをキープする力があるので乾かすだけで誰でも簡単にストレートヘアにすることができます。

ストレートアイロンもほぼ必要なくツヤがあって毛先まで綺麗なまっすぐになった髪の毛は元のくせ毛の髪を完全に忘れさせてくれます。

触った感じも表面のキューティクルがまっすぐに整っているので滑らかでツルツルな髪に生まれ変われます。

朝の寝癖もつきにくい無敵な髪の毛になりたい方は縮毛矯正一択ですね。

・・関連記事・・

梅雨時期にくせ毛でひろがる髪を抑えたい。3つの解決策をプロが解説。

普段のお手入れに必要なことは

ストレートパーマ、縮毛矯正はどちらも髪の内部に薬剤を反応させるものなのでどうしても時間がたつと乾燥が目立ってきます。

なので普段、ご自分でできるヘアケアで必要なことは「保湿」させること。

これに時間をかけてあげればほぼ大丈夫です。

乾燥はヘアカラーと同様に一番髪によくないことで、せっかくのストレートヘアが台無しになってしまう恐れがあります。

スキンケアに時間をかけるように髪にも時間と手間をかけてあげましょうね。

 

まとめ

意外と知らないストレートパーマと縮毛矯正のいいところ。

いかがでしたでしょうか。

今、どちらかをかけている方はもう一度今の髪について良さを実感してみてもいいでしょうね。

せっかくのストレートヘアをもっといたわってあげれるきっかけになっていれば幸いです。

 

それでは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

美容室を経営しているアラフォー男。 専門学校卒業後都内のサロン4店舗を経て渋谷に夫婦でヘアサロンを出店。その後8年が経過しこれから生き方も考えてサロンワークの傍、WEBマーケティングを猛勉強中です。 プライベートは多趣味の二児のパパ。